Search
Category
Latest Entry
Archive
Links
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
Admin
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
Recommend
影野だって青春したい(9) (講談社コミックス別冊フレンド)
影野だって青春したい(9) (講談社コミックス別冊フレンド) (JUGEMレビュー »)
北川 夕夏
珍しく少女漫画にハマりました。2人とも良い子なんだけど2回も海でおぼれます・・・。
Recommend
シェアハウスの恋人 DVD BOX
シェアハウスの恋人 DVD BOX (JUGEMレビュー »)

一生雪辰汐宣言!!

ブルーレイにするか迷ってたら、汐ちゃん状態だった友人が「見てみたい」って最終回前に言ってきたので(笑)2人でDVD見て元気出すんだ☆萌えも調達できるしね(・∀・)
つぶやいてます。
げんざい。
千里の道も一歩から?
人生、山あり谷あり。
Sponsored links
Mobile
qrcode
スポンサーサイト
2017.08.20 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - | pookmark |
SSS公演 Part.0
2017.08.19 Saturday 22:34

8月18日の金曜日公演、最初で最後のSSS公演を見て来ました。

ずっと「スリーエス」だと思っていたのに、公演中に「トリプルエス」だと分かった衝撃Σ(゚Д゚;

「私たちの世代はスリーエス!」

そういう共感を得ることのできる日でした。

 

この日、今後の予定である宣伝のコーナーで初出しの情報がてんこ盛りでありまして、1日たった今でも放心状態です。

(まだ公式からネット上の解禁がされていないせい)

そっちの衝撃はまた今度にするとして、今日はその後にお誘い頂いたお食事会(飲み屋でしたが、誰もお酒飲んでないので)で話していた内容をざっくりまとめたいと思います。

いや、その内容が全員同意しかなくて面白くって!

 

.ぅ鵐好織哀薀爐離▲ウント皆持ってる件

不破氏、肉しかないに決まってる件

B眥垢農家でしかない件

ぅ蹈哀ぅ鵑魴腓さない現役

イ箸レスぬいがカワイイ件

推しの決まり方は十人十色

A列とO列の景色

┛Δ離好魁璽襯宗璽

 

最初に、この日の公演にお誘い頂いた方のおかげでこれが書けることを感謝して始めたいと思います。

公演後、予約して頂いた居酒屋でスタート。

こちら、鹿児島の霧島市から出て来たチェーン店。そう、隊長の名前。たぶん、それで決めてくださったのだとは思うのですが、鶏肉が自慢のお店。

鶏肉料理が自慢のお店・・・を予約したのは、そう不破担さん(笑)

もうこれだけで前日まで楽しみ過ぎた訳です。

他お誘いくださった神崎担さん、そして小さな音羽担さんと4人でした。

 

.ぅ鵐好燭砲弔い討蓮▲侫Д垢両霾鵑箸靴萄8絅廛螢螢僂離▲ぅ疋襪やると最初に解禁されていました。

でもね、基本インスタってアプリDLしていなくても見られるんですよね。

アカウント持ってなくても出来そうって思っていたのでそれを聞きたくて。

ここにいなかった方にも聞いていたんですが、なんとみんなアカウント作っていました!

使っている人もいれば今回作っただけの人もいますが、皆行動が早い!

アイドルアカウントについては、一つで皆持ち回りかなーと思っていた私に対し、全員分だと思っていた不破担さん、グループごとでは?とおっしゃる神崎担さんと意見が分かれました。

 

◆屬任癲▲吋鵐箸気鵑覆鵑謄筌个い任靴隋」と言ったのは不破担さん。

「インスタで何撮るって、肉しかないんだよ?」・・・確かに!

「霜降り肉の日もあれば、今日はA5ランクだ、とかだよ!」

爆笑です。来る日も来る日も肉肉肉。ヤバイ、やばすぎる。

当番制なら、肉が来たら不破さんだとすぐわかるのはほほえましいかなって思うんですよねー。

しかし、全員別のアカウントだとちょっと、うーん、ウーン!

あ、でも運動関連の可能性もあるかも?実際が楽しみですね。

 

SSS公演はアンコールだけでなく後半から着替えてのライブでした。

そこで脇の画面に霧島さんがアップになるので噴き出してしまったのですが、マフラータオルを首に巻いているんです。

なんというか、その巻き方が農作業の時に縛る感じで。

下がブーツで、ズボンがブーツinしているのも相まって、完璧な農家が出来上がっていると教えて頂き納得。

つまり霧島さんだけ見ているとライブ感がない(笑)

天然な隊長らしいお姿なのでした。

 

8月1〜10日まで、アプリ内で6人曲ネバーエバーエンディングのMRイベントがあり、そこでボーナスタイムの誤表記がありました。その誤表記、E組F組(とwikiで呼ばれるボーナスタイムの時間での組み分け。A〜Hまで)があるとされていた朝の時間が実はなかったという可哀想な出来事でした。

で、神崎担さん・不破担さんがE組、私はF組で諸にそこに当てはまっていました。

私は(いつも通り)夜中が最後だと思っていたので被害はなかったのですが、E組のお二人は結局お金をつぎ込んで、景品であるアプリ内ポスターを手にしていました。なんということだ・・・。

そんな話をしていたら、ログインをしていないと気が付くことになり、早速ときレスをプレイ。普段同じゲームをやっている人を見る機会がないものですから情熱を感じました(*´з`)

 

イ気董△海海泙能个討海覆い發Π貎佑肋学生の音羽担さん。

水色の痛バに・・・あれ?ポム辻さんも入っている。そして赤のリボンブレスが付いている。

実際に手に取って見せてもらいました。

リボンブレスはGC限定版に付いた特典で、4thシングルは地元で買った私は持っていませんでした。

でも、実物は良かった!王冠の金具も、手に付けるのはどうかなって思うリボンもカワイイ☆

「まぁ私のだけどね♡」とドヤって感じで言われてしまい、私はまだ残っている限定版の購入を決めたのでした・・・(笑)

 

推しがどう決まるかは、自分が一番変わっている確信があります。

私がどうして辻さんか、というと、期間限定クエストの料理を食べるのを手伝ってくれたからです。

その当時、GSつながりの友達から刺身を作っておくと良いと言われていた私は、既に辻さんの花2つの刺身を置いておりましたが、その時は刺身ではなくアップルパイのクエストで食べて減らしてくれたのです。。

・・・実はさんまの3人は好物以外のものに手を出すことが稀にあるし、辻さんもアップルパイは好きなほうなんですよね。

そういうのをまだ知らない初心者でしたから、手伝ってくれた!という喜びがチーズも好き、和食も好きで辻推しになった訳です。

 

不破担さんはビジュアルから決めていたそう。分かります、他にここまで筋肉がついたアイドルは知りません。

そして驚いたのが神崎担さん。最初からかと思いきや、別推しからとあるイベントを見て神崎さんにイチコロになったようです。

これも分かります、私のGS2の時が正にこれ。さすが派生、奥が深い!

 

Ш2鵝⊃精蠱瓦気鵑ゲットしてくださった席が後ろから2列目で、最後の列は関係者席だったので、実質一番後ろでした。

更に後ろは立ち見席ですから、それでも良く見える席です。

ただ、対する音羽担・不破担のお二人は最前列!ローチケで取られたそうです。うらやま!

「もうどこ見ていいか分からない」なんて贅沢な悩み!ニッコニコです。音羽担さんは目の前で魔法かけてもらった訳です、そりゃホホも赤らめますよ。間近で漫画みたいにポッと赤くなるの初めて見ちゃった。ほんとハマるんだよね〜。

しかし後ろ席も良いものです。

神崎担さん、終わった時に関係者の方々に「ありがとうございます」と拝んでいて(*´Д`)エライ、その殊勝な心構えが明日の作品を支えるのよね!と、何もしない私はただ感心しているのでした。(申し訳ない)

 

─岼Δ離好魁璽襦廚覆鵑董伊達さんぽいドリンクと言われて赤?黄色?と気になって頼んでみました。

お酒とそうじゃないの2種類ありました。でも出て来たの、白かった!

隊長だったwいや、ここは2人で割ってリーダーズ。

もちろん美味しかったですよ。

 

 

 

 

 

 

| 安曇奈穂 | ときレス | comments(0) | - | pookmark |
3Mj&X.I.P. LIVE 5
2017.08.15 Tuesday 20:50
3 Majesty × X.I.P. LIVE
SPLASH SUMMER FES 2017



夏フェス。フェスですって。なんと「リア充」な響き。
今回のライブはカウントダウンで知らされると共に、オタクの世界とは無縁のそのネーミングに期待が膨らみました。

 

そして行ってみるとやはり満足。

 

関内→夏→アリアケ→春からの今回の夏フェスなので5回目の3Mj×X.I.P.ライブですが、またクオリティーが上がっているんです。
それは観客が望んでいたことを叶えた面もありますし、予想もつかない驚きをくれたところにもあり、それが感動となって思い出になるんですね。

 

内容を書く前に、今回もお世話になったDMM VR THEATER様の対応も更に進化していて驚いたことをお伝えしておきます。
まず、入口の対応人数が増えていてスムーズ!
ドリンク引き換えがあるので売店に行くと、オーダー伝えて10秒で完了!
・・・春の長蛇の列は一体どこへ?ってくらい早かった。
私は飲み物1点+食べ物2点で注文したり、今回ご一緒した方と飲み物2点で注文したりしましたが、いずれも待ち時間なし。
(;・∀・)?「どこから出てきましたの?」
お金出している間にご用意完了されているので、始まる前から魔法にかかっていました。
あと、心なしか、選んだコラボメニューがグループのものだとそのグループのおまけを付けてくれる率が高かったような・・・。もしそうなら有り難いことです♡
ありがとうございます。

 

 

◆とりあえず写真なしで上げます。

 

ちなみに今回は会場の建物上部のカンバンはありませんでした。
夏休み中別作品の公演もあるからなのか、はたまた裸に近い男が3名いるからなのか分かりませんが!

 

以下今回もネタバレです!
※辻ファンで3Mjばかりの視点です。

 

 

 

まずはセットリスト・・・を覚えるまでは行っていないので、大雑把に言うと、全部ちがう!
行く公演A〜C・SSSによって順番だけじゃなくて聴ける曲が違うので、好きな曲があったりなかったりします。これは1日4公演通っても面白い。
これだけの違いでより多く通いたくなるのですから、なんと中毒性の高いライブでしょう。

 

 

 

それではA公演。
今フェスは、CD「2×3!〜DUET CROSS THREE!〜II 」からA〜Cに分かれているので、音羽&神崎ユニットの回です。
曲は「I'm in love」。とても可愛らしい歌で、カワイイものが大好きな私はこの回は見なくては〜と思っていました。
結果、途中の大ジャンプに全部心持っていかれました。
ああ、カワイイ(*´ω`*)
神崎さんはえぐじの曲でもぴょんぴょん飛んでいるので手慣れたものですが、音羽さんは身体が大きいのでダイナミックにくるかと思いきや、足を揃えて絵になる飛び方をしていました。なんと印象に残るくの字、さすが音羽さん。
曲が終わった後の2人のトークでは、神崎さんが言いたかったヘビロテを音羽さんが被せて言ってくるとか、ひたすらフリーダムでした。

 


次はB公演。
初日に行った人から「ヤバイ」の感想が入っていて、瞬く間に大人気になった回です。
私も公演3日目(8月10日)に見たのですが、そもそもこの曲自体が不思議な曲だと思っていたせいかカワイイ好きの琴線にはあまり触れず(;^ω^)
だって2×3 兇離董璽泙亙匯廚い任垢茵これそもそも片思いなの?挑発の歌では?
でも、歓声の多さでここがツボなんだなーとかは覚えています。霧島さんと不破さんは高身長で武道有段者なので体格も良いからとても絵になるんですよね。足を振り上げるとかとてもカッコイイ☆
不破さんは見た目通り圧巻のパフォーマンスですが、やはり霧島隊長がまた「伸びた」ところに人気が集中したのだと思います。
不破さんと同じような振り付けであるにも関わらず、スマートな踊り。簡単に言うと、バレエ仕込みのダンス炸裂なんですよねー。バレエやってないと思うんだけど。
伊達さんとのユニットの時は、何となく伊達さんに付いてゆく感のある踊りだったんですが、不破さんとは完全に対等でしたね。うん、最高にカッコ良かったよ隊長♡

C公演は待ってましたの辻さんとえぐじリーダーの伊達さんユニットだった訳なのですが・・・出だしの伊達さんのダンスの華麗さに目を奪われました。
私は、Vライブでもリアルライブでもなくて、つい最近テイクアウトライブで初めて伊達さんのダンスの独特な色気を知った伊達初心者なんですけど、もーーー「REVERSE」は伊達さんあってこその1曲だな!!と確信しました。ごめんなさい、辻さん・・・辻さんを見なくても良いの分かってるからつい伊達さんに目が行ってしまって・・・orz
えぐじの曲だとなかなか見られないけれど、伊達さんはバラードで映える人なんだなぁとうっとりしてしまいました。あー、この色気をもしも辻さんが身につけてしまったらと思うと怖いので今回は、許してほしい〜♪

 

 

ああ、そうそう締める前に特筆しておかねばならないのですが、この曲で棒立ちの人続出でした。そして漏れなくすすり泣きが聞こえる(;・∀・)なんで?!皆いっぱい聞いて耐性整えて来てないの?!こうなるのは大体予想できたけどさ・・・。
私自身は、REVERSEのような漫画を読んだことがあって、結果ハッピーエンドなので、それを思い出してしまって最初から泣けないわ、1人で赤いライトを振り続けていました(^^; みんな疲れてるんだなぁきっと・・・と思いつつ伊達さんを観察。
あー、あと今回もお尻でサインする振りがあったんですが、みんな感情移入し過ぎで反応がないのかなぁ?私はしっかりカウントしました!ここは辻さん(のお尻)ガン見w

 

 

 

ユニット曲だけでこれだけ書いてしまった。
(現在一太郎で3ページ突入ですよ・・・。)
何だろうね、普通回数を重ねると飽きてくるものだと思うんですが、彼らはもっと見たくなる。そこはやはり、作っている人達の技術と力が「もっと良いものを」と作り上げてくれているからなんでしょうか。
今回も私は2列目で見られる時がありましたが、実はまた体調を崩してほぼ座りきりで見ていたので、音羽さんの魔法にはかからなかったものの、辻さんが!辻さんがようやく前方にたくさん目を合わせてくれて(≧▽≦)幸せでした。
顕著だったのが、アンコールで出て来た時の、6人が全員ライブTシャツで出て来た時でしょう!
これまで衣装替えは昨年の夏から一度もなく、アプリでも衣装がとんと変わらないわ、現在の衣装が特殊なのもあり、早く変わって欲しいと思っていたところにライブTを着てくれるサプライズ☆夢がかないました(*´▽`*)
で、辻さんが目を合わせて「ほら、このTシャツ!お前のと一緒だろ?」って指さして教えてくれるんですよ(*´ω`*)うんうん、辻さんと一緒だね☆嬉しい!
Tシャツだけではありません。今回のグッズをそれぞれ身にまとっていました。
音羽さん→シュシュ*
霧島さん→マフラータオル(ただし農作業的結び方なのが霧島流)
辻さん→リストバンド*
不破さん→バンダナ*
伊達さん→ロゴのタトゥーシール*(Vネックに改造のTシャツ)
神崎さん→えぐじのキャップ(シャツの裾を結んでる)
*は応援セットの中身で、これを見たら応援セット買いたくなっちゃうよね!

 

 

 

初めてアンコールを見た時に、音辻な私は「あー!なんで二人だけTシャツの下に黒の合わせてるの!」と、萌え爆発。なぜそこは隊長仲間外れなんでしょう!二人だけ申し合わせて着てますよね?二人して買いに行ったんですかね(*´д`*)ハァハァ
とにかくお揃い!ありがとう!

 

 

あとねー、音羽さんがかねがね「不破君はX.I.P.のカワイイ担当」って言っていたのも分かりました!頭にバンダナを巻いているのもササッと巻いたんだろうけど、「Never Ever Ending」を歌っている時の背をかがめて手拍子する時がね、なんとも言えずカワイイんですよ(*´з`)ついつい不破さんに目がいっちゃいました。
 

 

 

 

さて、まだSSS公演は見ておりません。
そちらも後日感想を書きたいと思います♪

 

 

| 安曇奈穂 | ときレス | comments(0) | - | pookmark |
お盆らしいこと
2017.08.13 Sunday 19:02

自分はライブに行ってしまって申し訳ないのだが、田舎に行くという話も4日前に決まったのだから仕方ない。

 

弟夫婦が兵庫に戻らないというので(介護で大変なようだ。わかる)

入院していてまだひ孫を見ていない祖母のために栃木に行ってくれました。
それで丁度お盆ということもあり、久しぶりに両親が弟0の墓参りをしたようです。

多分10年はしていない墓参り・・・。

祖父母も誰も墓に行くことを言わないせいで、私もほとんど行ったことがない、いや行けないのでこんなんでいいんだろうかといつも思うわけですが、祖父母も後継ぎの叔父もしっかり守ってくれているので私が出る幕もなく。

ちゃんと神様も奉っている家だし(神棚と祠があります)、生きている人間を大事にしたほうが良いのも確かです。

祖母は姪ちゃんが静かでカワイイと言っていたそうで、それは良かった。

 

・・・その道中の車内は延々、鳴き声が響き渡って大変だったとか。

犠牲を経て、本来の目的が果たせたのだから良かったけれど、なんか、うーん。おつかれさま。

 

| 安曇奈穂 | - | comments(0) | - | pookmark |
コラボラッシュ!
2017.07.09 Sunday 23:15

もう、数えるほうが大変なコラボとイベントの数である。

シナモロールカフェコラボに始まり、

キッチンカーコラボ

春ライブ

ジョイポリスコラボ(2回目)

渋谷街頭・TV・TwitterでCM

ウェディングコラボ

映画(忍びの国)コラボ

シナモロールカフェコラボ(2回目)

夏フェス

スイーツパラダイスコラボ

 

・・・今年に入ってこれだけある。(9月まで)

たった半年でこんなことになっている状況を誰が予想できようか。

私は移管した後に「遙か3」がヒットした時のようになるだろうかと期待したことはあったものの、まさか他所の作品でこれだけやってくれるなんて、驚きと共に頭が追い付かない。

CD特典のクリスマスカードの交換をし今度ライブをご一緒する方は

「体と脳と金が追いつかない」

と言われていて、まったく正しくその通り。

 

そのせいなのか他のゲームが流行っているせいか、アプリ自体のユーザー数は軒並み減っている。

・・・これ初めての話じゃないのに、更に減っているのは確か。

Twitterで辞める宣言をしていなくなっている人も見かけたし、フォロワーさんでも最近ログインしていないと言っている。

こんな二極化で良いのだろうか?

 

4月に出た「アプリスタイル」という雑誌でルビパ長がイベントをときレスで試してネオロマに生かしたい旨を話しているので、そういうことなのだろうとは思う。

しかし、人数が減っているのにこの怒涛さは、疲弊して皆一気に倒れやしないかと心配になってしまう。

 

それでもこのコラボラッシュは、人気の表れとしか言いようがない。

現に夏フェスと銘打った8月のライブは春30公演より6公演も増えたのに、SSS回という特別な公演はチケットが取れない人が多い。

あと、一番度胆を抜いた結婚式場とのコラボも、発表から1カ月後で予定が立たない人や最初から予定しない人がそれなりにいたのに計4回+2人だけ特別な10万円プランが抽選で外れた人がいたのだから、これはアプリを引退した人たちという潜在ユーザーが多い証拠だと思う。

・・・ちなみに私は、SSS回は全落っこち、結婚式場は行きたかったが容姿にもビュッフェにも自信がなくて(体調が戻っていないので)諦めた組です。

なのに、アプリのイベントではものによって100位内に入るようになってきてしまったのだから、かい離が激しいな、と思う次第であります。

| 安曇奈穂 | ときレス | comments(0) | - | pookmark |
ただのさぼりです
2017.05.24 Wednesday 21:12

すみません、田舎のほうは呼び出されることもなく過ごしておりました。

たださぼって更新してないだけー!サイテー。

 

しかもこの間にまたときレスの夏ライブ発表されています(;´Д`)

電話の向こうから鳴き声が聞こえてきていた姪も、いきなり泣かないウチ仕様の赤ちゃんに変わりましたよ!

日々日進月歩、私はどんどん後退。笑えない:;(∩´﹏`∩);:

 

そんな中ようやく厄払いをしてきたので、夏ライブは何事もなく楽しみたいと思っています٩( ''ω'' )و


 

| 安曇奈穂 | - | comments(0) | - | pookmark |
3Mj&X.I.P. LIVE 4
2017.03.27 Monday 21:45

3Majesty✕X.I.P. LIVE

-Triple Road / TRICK★STER- FINAL

 

 

 

3月11日から26日までの全30公演が終わりました☆ 私は初日から24日金曜日のホワイトデー公演とABC公演4つ観に行って来ました。

今回もチケット優先先行は渋かったっすなー。どうやら1枚で申し込むと当たりずらい・当たっても端になるらしく、1公演がやっと当たる×3回(;´Д`)

しかしGC先行の後に設定されていたローチケ先行でなんとB列(2列目)が当たりまして、夏にとれたGCより前になる幸運☆・・・って、端っこには変わらなかった。(夏のGCは3列目で中央)目の前の3席が空いていて隣2席が空いていて、という状況。

「なんで?(゚∀゚)席もったいないね」などのんきに思ってたら、理由は辻さんと伊達さんを見ていたら分かりました。これは座ったら分かることなので伏せますが、ギリギリな席だったんすなぁ。(しかしなぜ2人だけ・・・)

ただ、今回はこの前列が関係者席でもあったようで、私は24日にしか見ていないのですが、カードを首から下げたラフな格好の男性が通常の空席に座っていました。 「アリアケで見られない席だったもんなぁ」 などと思ってしまった(笑)

感想はまとめられないから殴り書きで失礼します。

・とにかくOnly oneが見られてうれしくて初めて彼ら見ていて泣いた。

・Only oneでキラキラ踊ってる辻さんがかわいい(*´ω`*)

・今回も音羽さんの魔法炸裂してた。夏と違うくるくる。前回(が秋なのか夏なのか不明)はドーナツだったらしいけど、今回はマカロンかな?

・音羽さんの魔法はなんとどこで見ても目が合って、自分に向かってくるくるしてくれます!!!どういうこと?!もうこれ音羽ファンになりそうで怖いよ!(リアライ限定ですが!)

・不破さんのPolarisの出だしがスゴイ・・・歌じゃなくて筋肉が。(踊りって言えよ)

・アリアケでもあんな筋肉ムキッムキッっていう出だしでした?!とにかく衝撃。

・アンコール前の楽屋訪問が楽しい♪A~WD公演の4パターンあって、これだけのCDが出てほしいくらい笑った。

・夏に見られなかったC公演。神崎さんのvenusが好きだから聴けて良かったし、辻さんが頑張ってるのが一番良く分かる公演だから急きょ立見席のチケットとった状態だったけど最高だった。C公演自力じゃとれない( ;∀;)

・神崎さん、色気が身についててあおり上手いのはいつもだけど、もう最強。パフォーマンスも一等賞。

・今回のえぐじの選曲では伊達さんが目立っていて、ソロももちろんカッコよさが更に分かる結果に(*´ω`*)

・WD公演:伊達さんはセクシー反則でーす。ご自身がセクシーになっちゃうのは分かるけど、それを生真面目天然な霧島さんに教えちゃダメ!ぜんぶやっちゃうから(笑)こっちの心臓が持たないよ(*ノωノ)

・霧島さんの「どうぞ」の掛け声で名前を呼ぶ時に、アリアケで「司と呼んでほしい」と言っていたせいか、灰色の服の人から「ツカサ」、ほとんどの人からは「隊長」と掛け声が二分してしまってた。たぶんこれからもずっと・・・(;゚Д゚)

・夏になかった背景が登場。「運命のLady」」の宇宙的な背景がサイバーなさんまの衣装に合っていて好きです。あとこの曲で足を3回トントントンとするところがかわいい。

・どんどん進化しているから、もっとみんな笑顔になってくれるといいなぁ。表情の変化が見られたら良いなぁって。贅沢?

・前回と違って、みんなの視線がくるくる変わっていた気がします。このファイナルでは辻さんと目が合いました!嬉しい(≧▽≦)

・2月のVSライブで初お披露目だった「君に似合う翼」「UP&UP」もありました。正直、CDが1年後くらいになりそうな曲が先にライブで歌われるとライブロスにつながるので気持ちしんどいんですけど、見られたことは素直に嬉しいです。

・DMM VRシアターのスタッフさんは今回も最高のおもてなしをしてくださいました。夏の物販の女性は今回いらっしゃらなかったので、いつかここでもう一度会いたいな。

 

 

今回のお花も週替わりなのにたくさん!力作揃いで見ていて楽しかったです(≧▽≦)

みんなで盛り上げるから楽しいんですよね。

写真いっぱい撮ったので、自分で使うシールにするつもりです♪

| 安曇奈穂 | ときレス | comments(0) | - | pookmark |
ポムポムぬいぐるみ
2017.03.05 Sunday 19:59



ポムポムプリンとのコラボぬいぐるみ(*´ω`*)かわいいですよね☆

完全受注生産でした。しかも期限短いし、Twitterやってなかったら見逃していたかと思うと・・・(売りたいの?売りたくないの?って感じ・・・。GCからメール来てたんでしょうけど、趣味のメールなんて読みたい時にしか読みませんから)

えぐじもお迎えしようかと申し込み期限ギリギリまで悩んで、今後も出してくれるかも?と考えたら、私のベッドスペース(つまりこの写真のスペース)に置ききれないので、今まで通りさんまの3人だけにしました。


隊長だけフードをとってるのは、ピアスが見えるからです♪

すごい、ちゃんと再現してくれてるんだー!って3つのピアスに感動しました(*´▽`*)

あ、こうしてみると隊長推しみたいですが、辻担です。これがしっくりくるのだ・・・。

(ゲーム内レイアウトでもいつもこの並びにしてしまいます)

このお顔はときレスの「アイドルくじ」のぬいぐるみグッズと同じなので、もっと現実に再現してくれるのが増えると良いなー(^-^)

| 安曇奈穂 | ときレス | comments(0) | - | pookmark |
姪っ子の姪ちゃん
2017.02.26 Sunday 18:29

また間が空きました、こんなはずでは・・・。

1月に兵庫から姪が帰ってきたんですよ。年末の12月18日大安に生まれたから1カ月過ぎてから来たんですけど、大きい赤ちゃんだった父親の弟に似て大きくって(笑)

ママが細いから生まれた時は3000gなかったのに、1カ月で4000g以上のまるまるとなりました。
(周りと比べてデカイのは確かです)

赤ちゃんをあやすのも今や社会人になったいとこ以来やっていませんから、命が手の中にある(*_*)頭が重い腕が痛いとなって疲れます。それが週末。

改めて、世の中のお母様を褒め称えている次第です。

 

それにしても・・・この子が弟に似てるんですよ、父親じゃないほうの弟に(^^;

色白なのは父親似なんですが、お嫁さんが嘆くほどウチの血が濃くって・・・大人になったらママ似の美人になると良いのですが、私が小学生までデカく育っていたので少し心配している伯母さんなのでした。

| 安曇奈穂 | - | comments(0) | - | pookmark |
Featuring至誠館高校Op.2
2017.02.25 Saturday 18:10
ネオロマンスフェスタ金色のコルダFeaturing至誠館高校Op.2
舞浜アンフィシアター 昼公演に行って参りました。

今回はプレミアム席に申し込みしてみたところ、優先で一度外れて再抽選で当たったのですが、8列目にも関わらず中央で見られるという・・・いやはや、再抽選でもこんなことってあるんだなぁと有り難く見て来ました。
初めて阿藤役の阪口大助さんがご出演されるのもあり、ガンダムでVが1番好きな私も初めてお目にかかるのでとっても楽しみにしていました。
・・・ちょっと前日の夜に急に気分が悪くなって若干不安で当日を迎えましたが(;´Д`)
まぁ、この日が楽しみ過ぎての症状に決まっています。
ただひたすらに無心で会場に行くようにして・・・って、そんなことできるはずもない、だって舞浜って言ったらディズニーリゾートがある場所ですもの。
逆にディズニーに心躍らせる作戦で行きました(笑)
アンフィシアターは奈落からせり上がってくる舞台があるので、開始からそれを思う存分使用した演出がありました。
前回の至誠館公演と同じく、吹奏楽部とブラスバンド部のドラマがメイン。
部長が交代して文化祭のお話なので季節は11月頃でしょうか。
3年の先輩方の活躍が目立ってて「どっちもこの後が大変そう」と思いながら、学生時代にしかできない青春ストーリーを目の前で見ていました。
それにしても岸尾さんは今回も攻めてました(^^;前回は菅原さんも攻めていたけれど、昼は静かでしたね。ドラマ以外でも拍子抜けするくらい・・・何かあったのかしら(笑)
それに対抗したのは阪口さん!そして伊織役の山本さん(゚д゚)!
パンフレットに書いてありました、前回と違った伊織と・・・本当に、成長した伊織くんがそこにいて安心してしまいます。
これもうVitaの追加シナリオで良いから、笹かま先輩と伊織くん恋愛ルート作って出して!!(>_<)

歌は八木沢と長嶺の「背あわせ」が、振付け付きでそれがとてもかわいかったです(*´ω`*)
冷静に考えるとかわいい曲ではないのに、なぜにこんなかわいい振りになったのかと思います(笑)
アンコールはこの日が誕生日、トランペットの天野さんが最前に立って始まりました、「ambitious」。
素敵な演出でしたね〜☆彡こちらも前回に引き続き森田さんが振付けしてくださったそうです(≧▽≦)

観客も男性が一番多い恋愛要素が薄い公演で、キャストの皆さんも一体感があり、至誠館が大好きで良かったなぁと久しぶりに思いました。
前回が3年前ということで、神南2に行けなかったのもあり、丁度復活した後で今回も見られて嬉しかった!
そして見てください、新グッズのトレーディングチケットホルダー。
火積んでした〜〜〜(≧▽≦)
ありがとう!Op.3がありますように!!!
| 安曇奈穂 | ネオロマンス | comments(0) | - | pookmark |
生みの親が同じ場合
2017.02.10 Friday 20:15
小学生まではアイドルが大好きでしたが、その後はアニゲーに移ってしまったので、今が「2次元アイドル戦国時代」と言われてもピンとこない私。
ええ、アイカツもときレスも、そしてドリフェスも好きですが、実感はありません。
どちらかというと舞台に関心があるので、2.5次元が盛んなのが肌身に感じるところです。

 

さて、そんなところに昨年、「AR performers」というライブを中心とした発表をするアイドルが生まれました。
最初、女の子も出てくると聞いていたので期待していたのですが、今のところおらず、自分の予定が合わないこともありライブに行けておりません。
本当はライブに行ってから書くべきなんですがときレスが好きな方々がこの存在にすごく敏感に反応するので、いろいろ考えちゃったから書いておこうと思って。
多分今ときレスを運営している側も幾何かは恐れを抱いているだろうし、片やのARP側も模索しているのではないかと思います。
一番の問題は、ターゲットが丸被りしている点。

 

 

当然先発のときレスは悪くありません。
どんどん人数が増えていく作品に比べたら、最初から6人だけが存在しているときレスは他と差別化がされている点が長所でもあり、これ以上増やせない短所でもあります。
だからそのアプリを運営し続けてくれているというのは、この2017年3月の怒涛のリアルイベント続きを見ても感謝しておかしくない。
その点、後発のARPはどんどんアイドルを増やせるし、女性アイドルだって構わないし、どこでも出来る技術だそうなのでどこでも出来る。
圧倒的に優勢なのに、なんで男性アイドルで随所にときレスを意識したことを織り交ぜてきたのでしょう。

 

 

これが生みの親がときレスでやりたかったことではあると思いますが、始めは男女ともで始めたら総合的に良いはずです。
とにかくときレスにハマっている人間には非常に心証が悪いです。
会場での発言も気になるところですが、どこででも出来るはずの技術を持っていて4月は会場を同じにされるというのは、客を奪いに来ていると捉えられても文句は言えないと思います。
そこは意地でも同じ会場を使わない、同じ土俵に上がらないプライドが必要じゃないでしょうか。

 

 

あえて同じ土俵に上がりたいということであれば消耗戦です。
両方の作品が好きだという前提で言えば、私たち消費者も資金を半分ずつ使うしかありません。
自信があるからそうしてきたともとれるし、簡単に宣伝してきた・口コミで広がることを狙っているともとれます。
もっと別の層にアプローチしていってほしい。残念な気持ちです。
だって、どちらの作品でも彼らは誰一人として同じじゃないんですから。

 

| 安曇奈穂 | ときレス | comments(0) | - | pookmark |
←back 1/93 pages next→