<< 生みの親が同じ場合 | main | 姪っ子の姪ちゃん >>

Featuring至誠館高校Op.2

ネオロマンスフェスタ金色のコルダFeaturing至誠館高校Op.2
舞浜アンフィシアター 昼公演に行って参りました。

今回はプレミアム席に申し込みしてみたところ、優先で一度外れて再抽選で当たったのですが、8列目にも関わらず中央で見られるという・・・いやはや、再抽選でもこんなことってあるんだなぁと有り難く見て来ました。
初めて阿藤役の阪口大助さんがご出演されるのもあり、ガンダムでVが1番好きな私も初めてお目にかかるのでとっても楽しみにしていました。
・・・ちょっと前日の夜に急に気分が悪くなって若干不安で当日を迎えましたが(;´Д`)
まぁ、この日が楽しみ過ぎての症状に決まっています。
ただひたすらに無心で会場に行くようにして・・・って、そんなことできるはずもない、だって舞浜って言ったらディズニーリゾートがある場所ですもの。
逆にディズニーに心躍らせる作戦で行きました(笑)
アンフィシアターは奈落からせり上がってくる舞台があるので、開始からそれを思う存分使用した演出がありました。
前回の至誠館公演と同じく、吹奏楽部とブラスバンド部のドラマがメイン。
部長が交代して文化祭のお話なので季節は11月頃でしょうか。
3年の先輩方の活躍が目立ってて「どっちもこの後が大変そう」と思いながら、学生時代にしかできない青春ストーリーを目の前で見ていました。
それにしても岸尾さんは今回も攻めてました(^^;前回は菅原さんも攻めていたけれど、昼は静かでしたね。ドラマ以外でも拍子抜けするくらい・・・何かあったのかしら(笑)
それに対抗したのは阪口さん!そして伊織役の山本さん(゚д゚)!
パンフレットに書いてありました、前回と違った伊織と・・・本当に、成長した伊織くんがそこにいて安心してしまいます。
これもうVitaの追加シナリオで良いから、笹かま先輩と伊織くん恋愛ルート作って出して!!(>_<)

歌は八木沢と長嶺の「背あわせ」が、振付け付きでそれがとてもかわいかったです(*´ω`*)
冷静に考えるとかわいい曲ではないのに、なぜにこんなかわいい振りになったのかと思います(笑)
アンコールはこの日が誕生日、トランペットの天野さんが最前に立って始まりました、「ambitious」。
素敵な演出でしたね〜☆彡こちらも前回に引き続き森田さんが振付けしてくださったそうです(≧▽≦)

観客も男性が一番多い恋愛要素が薄い公演で、キャストの皆さんも一体感があり、至誠館が大好きで良かったなぁと久しぶりに思いました。
前回が3年前ということで、神南2に行けなかったのもあり、丁度復活した後で今回も見られて嬉しかった!
そして見てください、新グッズのトレーディングチケットホルダー。
火積んでした〜〜〜(≧▽≦)
ありがとう!Op.3がありますように!!!

| ネオロマンス | 18:10 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

| - | 18:10 | - | - |

Edit this Entry

Comment

Submit Comment